美術技法書・趣味・教養の分野で実績と信頼のある本づくりをしております。
メールマガジン登録
カートの中身を見る
マイページ
・登録情報の変更
・購入履歴の参照
書籍情報

水彩画 静かな光を求めて

水彩画 静かな光を求めて、あべとしゆき
著者 あべとしゆき
販売価格 2,200円(税込2,376円)
購入数

商品説明


■サブタイトル/あべとしゆき制作ノート
■体裁/B5変・127頁 ■ISBN/978-4-8170-3921-7

確かに写実だけれど、ただの写実ではない。なぜか心が揺れてしまう。
著者が描くのは、日本のどこにでもある自然であり、人々の暮らしである。ただしその時々の画家の感動が、精緻な描写によって蘇り、見る者の心を捉え、揺さぶる。本書では「光と影」「水と流れ」「木と森」…といった項目で作品を紹介、それぞれの項目を代表する作品では部分拡大と丁寧な描法についての解説を付しました。また、著者の水彩画への思いを綴ったコラムや、筆や絵の具、画紙、マスキングにスケッチといった水彩の基本用具と技法の解説、テクニックや2作例にわたる描法プロセスも必見。フランスやアメリカの美術雑誌の特集で紹介されるなど、世界も注目する画家の、画集としても技法書としても楽しめる初の単行本です。

目次
1章 光と影を描く /2章 水と流れを描く/3章 木と森を描く/4章 空と雲を描く/5章 花と草を描く/6章 冬と雪を描く/7章 広がりのある風景を描く  筆について・紙について・マスキングについて・スケッチについて・鉛筆画について 描法プロセス1 夕暮れの雲と広がりのある風景  描法プロセス2 杉林の中の木洩れ日

著者略歴
1959年 山形県酒田市に生まれる。新聞社デザイナー、美術教師を経て 2008年より水彩画制作を中心にした活動始める。2010年 第13回内藤秀因記念水彩画展 大賞 。2011年 第99回日本水彩展 上野の森美術館賞 。2012年 第2回日本透明水彩会展(横浜) 。2012年 日本透明水彩会選抜展(京橋) 。2012年 スペインの国際水彩画展に出品。同年フランスの美術雑誌「The Art of Watercolour」第8号に作品とインタビュー記事が掲載される。

☆日本図書館協会選定図書

読者の声


●期待した以上のすごい水彩画でうれしいうれしい買い物です。私も早速マスキングインクとそれを薄めて使う液を購入しました。マスキングは以前にも使ったことはありますが、先生のは想像を上回る使い方ですね。90才を目前で意欲が湧きました。(神奈川県・89歳男性)

●素晴らし内容だった。作品の質の高さに感動しました。作者のコメントも含蓄があり同世代の画家として感銘を受けました。(東京都・56歳男性)

●ここまで光陰を表現出来得る作品に接したのは初めてです。参考にさせて頂きます。(群馬県・78歳男性)

●頁をめくるごとに思わず声をあげてしまいました。胸がドキドキして最近こんなに感動した本はありませんでした。長年私が求めていた光のある作品・・・素晴らしかったです。(埼玉県・79歳女性)

●マスキング技法等の制作ノートが非常に解りやすく参考になった。(東京都・66歳男性)

●技法の具体的な記述が分かりやすく参考になった。(千葉県・65歳女性)
この商品を友達に教える