美術技法書・趣味・教養の分野で実績と信頼のある本づくりをしております。
カートの中身を見る
マイページ
・登録情報の変更
・購入履歴の参照

書籍情報

やさしい花のスケッチ帳

やさしい花のスケッチ帳、阿見みどり
著者 阿見みどり
販売価格 1,600円(税込1,760円)
購入数

商品説明


■サブタイトル/さらりと描く
■体裁/A5・111頁 ■ISBN/978-4-8170-3590-5

身近に咲く花を、淡彩でさらりと描いてみませんか。本書は装画家として活躍する著者がこれまでに描いた花や実のスケッチを多数収録し、著者がお薦めする「七連綴り耳付和紙はがき」を用いたユニークなスケッチスタイルを紹介しました。ペン、みず筆、七連はがき、携帯用顔彩、ティッシュペーパーと、道具立ても至ってシンプル。七連はがきは、はがき7枚分の大きさなので、構図に迷うことなく気の向くままに描き進めることが出来、初心者の方にもぴったりです。
 収録したスケッチは、フキノトウ、ハナダイコン、ツバキ、ナズナなど、庭や公園、散歩道で見ることが出来るなじみ深い花が中心。描法解説は、シラン、ガクアジサイ、カキの花、ホタルブクロの4作例を掲載しました。また「楽しみ方いろいろ」と題して、描き溜めたスケッチをブックタイプに仕立てる方法や、はがき絵に描き起す方法なども紹介しています。野の花が好きな方、どうぞ気楽に絵筆をとってみて下さい。

●主な内容・目次など
はじめに/絵巻物への憧れ/折り本風スケッチのすすめ/口絵

第1章…スケッチの楽しみ
 私の使っている画材
 線描のポイント
 彩色のポイント
 描き方の実際(シランを描く・ガクアジサイを描く)

第2章…心ひかれる花たち
 庭の花(描法プロセス:カキの花を描く)
 散歩道の花(描法プロセス:ホタルブクロを描く)
 万葉の花
 旅先の花

第3章…楽しみ方いろいろ
 手作りマイブック
 はがき絵で交流
 部屋に飾る
 スケッチから作品へ
 ミニギャラリー

あとがき

●あみ・みどり
1937年、長野県飯田市生まれ。学齢期は東京自由ケ丘から疎開し、有明海の海辺の村や、茨城県霞ヶ浦湖畔の阿見町で過ごす。都立白鴎高校を経て、東京女子大学国語科卒業。卒業論文は「万葉集の植物考」。日本画家の長谷川朝風(院展特待)に師事する。
 現在、本の装丁や挿し絵のほかに絵本の文章なども手掛ける。2001年より、毎年各地で個展を開催。教室は持たず、「阿見みどりと行く野の花ツアー」にて、参加者の方と共に野の花スケッチを楽しむ。
 神奈川県鎌倉市在住。毎夏、鶴岡八幡宮の「ぼんぼりまつり」へ奉納。日本児童文学者協会、日本児童文芸家協会、日本花の会の各会員。
この商品を友達に教える

twitter follow me