美術技法書・趣味・教養の分野で実績と信頼のある本づくりをしております。
カートの中身を見る
マイページ
・登録情報の変更
・購入履歴の参照

書籍情報

【新装版】やさしい草花のはがき絵

【新装版】やさしい草花のはがき絵、増渕 澄子
著者 増渕 澄子
販売価格 2,000円(税込2,200円)
購入数

商品説明


■サブタイトル/彩色のしかた、下絵付き
■体裁/B5・103頁  ■ISBN/978-4-8170-3910-1

 四季折々に咲く草花との「響き合い」を求め、長年にわたって花のはがき絵を描き続けてきた著者が、その彩色のしかたを下絵付きで分かりやすく紹介します。
 本書では、スケッチが苦手な方でも塗り絵感覚で気軽に彩色が楽しめるよう、はがき原寸大の作例と転写用の下絵を23点収録。それぞれの作例には、色見本と彩色の手順を添えました。巻末には、直接彩色出来、切り離してお使いいただける下絵を8点つけました。はがきとして投函するほか、額装して飾っても良いでしょう。
 桃、カタクリ、カラー、朝顔、秋明菊、椿、福寿草などの原寸大作例とともに、参考作例や草花への愛情あふれるエッセイも楽しく、技法書としても画文集としてもお楽しみいただけます。
 あなたも、はがきの上に一輪の花を咲かせてみませんか?

●目次
◆花追い人の小さな旅
  花追い人、上野公園を歩く/花追い人、日比谷公園を歩く/花追い人、谷中を歩く
◆四季の草花 下絵と彩色
  画材と道具に付いて/色について/下絵の転写/彩色してみましょう/彩色の◆プロセス
  春の草花 下絵と彩色のしかた/夏の草花 下絵と彩色のしかた
  はがきに描く春の草花/はがきに描く夏の草花
  秋の草花 下絵と彩色のしかた/冬の草花 下絵と彩色のしかた
  はがきに描く秋の草花/はがきに描く冬の草花
◆下絵集

●ますぶち・すみこ
福島県白河市生まれ。県立白河女子高等学校卒業。昭和60年から東京・谷中の花を描き始める。昭和61年から個展や二人展を開催。平成3年に日本ユニセフ協会の「花カード」、10年と13年に「年賀用花はがき」へ作品を提供。平成7年に東京都上野公園内緑の相談所より「花のカレンダー」を発行。現在までに描いたスケッチ帳は約250冊、はがき絵は約5,000枚を越える。
現在、ヨークカルチャーセンター上尾、よみうりカルチャー町屋、草加カルチャーセンター、日本フローラルアート通信講座などで講師を務める。
著書に『はがき絵・四季の草花』『やさしい草花のはがき絵』『やさしい花と実のはがき絵』『花の年賀状』『はがき絵・野の花手本集』『はがき絵・洋花手本集』『はがき絵・野の実手本集』『366日の花日記』(いずれも小社刊)がある。

☆日本図書館協会選定図書

読者の声


●初心者のお手本として、とても親切丁寧な指導でよくわかるよい本だと思いました。なかなか実物を見てスケッチをするのが不得手でできません。時間は たっぷりあるのですが、根気がなくなり、すぐ一休みしたくなります。何でも若い内に自分のものにしておかなくてはとよくわかってはいるのですが、今や遅 し。でもできる内に懸命にやりたいと考えています。(愛知県・81歳女性)

●色に透明感があり、美しく、いつも幸せな気持ちになります。花の種類も多く、原寸サイズの手順、色の合わせ方、下絵集にも感激です。(大阪府・女性会社員)
この商品を友達に教える

twitter follow me