美術技法書・趣味・教養の分野で実績と信頼のある本づくりをしております。
カートの中身を見る
マイページ
・登録情報の変更
・購入履歴の参照

書籍情報

水彩で描く美しい日本 ふるさと東北

水彩で描く美しい日本 ふるさと東北、日貿出版社編
著者 日貿出版社編
販売価格 2,500円(税込2,750円)
購入数

商品説明


■サブタイトル/
■体裁/AB・119頁 ■ISBN/978-4-8170-3903-3

被災地東北のなつかしい風景を一部掲載したことで反響をいただいた『水彩で描く美しい日本』(2011年8月刊)に続く第2作品集。東日本大震災で失われたかけがえのない風景が、東北ゆかりの水彩画家30名の絵で蘇る。今も変わらない風景を含め95作品を収録。
全作品には、震災から一年経った今、去来する「想い」を各作家たちが言葉にして添えている。
心の芯がまっすぐに立つ場所が「ふるさと」。自分が立つ場所を知ること見つめ返すことで前に進むことが出来る。本書は、前に進みたいと思う人たちの力になってくれることを願い、刊行しました。

●主な内容
◆序文『ふるさと東北』発刊に寄せて(古山拓 氏)
◆テーマ別作品紹介
ふるさとの「春」、ふるさとの「悠久」、ふるさとの「水景」、ふるさとの「緑」、ふるさとの「暮らし」、ふるさとの「伝統」、ふるさとの「雪」、ふるさとの「記憶」、ふるさとの「祈り」、ふるさとの「希望」
◆作家紹介

●参加執筆陣
浅井元義、浅野英明、阿部重憲、安部隆、あべとしゆき、大須賀一雄、岡崎忠夫、小滝濶、蒲生俊紀、小東貴、近藤勝彦、金伸之、佐藤つえ子、柴田治、鈴木義勝、田口隆廣、田口哲男、筑井孝子、なかだえり、中原佳雄、中屋雅義、藤枝成人、古山拓、保科毅、前田優光、松井大門、松本忠、嶺岸啓順、むらかみゆみこ、若松倫夫(五十音順)。

●ふるやま・たく
1962年岩手県生まれ。東北学院大学文学部史学科卒。アニメーター原画マン、印刷会社、広告制作プロダクションを経て、フリーランスとなり97年初個展。旅の水彩画個展と広告美術の二本柱で活躍中。ヨーロッパ・ケルトの地と東北地方を絵で俯瞰することをライフワークにしている。2008年、パリにてひらかれた国土交通省主催イベント〈ようこそ!東北へ〉にて東北風景紹介作家としてメイン展示。東日本大震災直後の11年3月23日から、ライフライン寸断の仙台にて震災復興支援個展「明日へ」を開催。消え去った三陸の絵を展示した。

※本書売上の一部を義援金として、日本赤十字社を通じて東日本大震災の被災地にお届け致します。
この商品を友達に教える
この商品を買った人はこんな商品も買っています


twitter follow me