美術技法書・趣味・教養の分野で実績と信頼のある本づくりをしております。
カートの中身を見る
マイページ
・登録情報の変更
・購入履歴の参照

書籍情報

手軽に描く 色鉛筆12ヶ月

手軽に描く 色鉛筆12ヶ月、望月聖子・荒井海々
著者 望月聖子・荒井海々
販売価格 1,700円(税込1,870円)
購入数

商品説明



■サブタイトル/はがき絵からスケッチまで
■体裁/A5・127頁 ■ISBN/978-4-8170-3540-0

よく見る花や知っている花、可愛い子供の表情、季節の果物や野菜、食べ物と小物類や風景など…。1月から始めて、月毎にイラストやスケッチ風に描かれた作例が満杯だ。初心者向きに画材案内や、テクニック指導も丁寧。やさしい色合いの色鉛筆に親しみ、何かイラストや絵にしてみようかなと思わせる。
◆3月。満開の桜のもと、蝶々が喜ばしげに菜の花の周りを飛び交う。満開の桜が折り重なる向こうには、小さく山々が望まれる。ネコヤナギや、カタクリ、桜とメジロ、ひな人形、ひなあられ、野の花。はがき大や、小さなカット風に描かれた作例は、合わせて15点、8頁分。
この他に、山桜の小枝、桜花と菜の花の花祭り、菜の花と桜や、桜の花びらもある。
単色では充分にその色彩を表現できないから、混色する。例えば、リンゴを描くには、黄色と赤を混ぜるといい色になる。塗り重ねや、筆圧を適宜使って、濃淡を表現する。このような基礎テクニックや、画材も案内した。
◆色鉛筆は輸入品も含め9種、水彩色鉛筆など8種を紹介。中間色が豊富だったり、ほどよい硬度など、それぞれ特徴を備えている。また、シャ−プペンシル式の色鉛筆、カラーボールペン、ラメ入りボールペンなど、新しい製品も出ている。関連画材も豊富だ。

●主な内容
◆画材 ◆基本レッスン 色鉛筆/テクニック/紙/塗り方/イラスト風に/スケッチ風に ◆いろいろなモチーフ 身近な草花/愛らしい生き物/心ひかれる風景/いきいき人物/食べ物・小物 ◆季節を彩る色鉛筆 1−12月 ◆楽しみ方・いろいろ カラーペーパーに/多色芯の色鉛筆で

●もちずき・きよこ 朝日カルチャーセンター東京校・横浜校など5教室の講師。桑沢デザイン研究所卒業。1944年静岡県生まれ。●あらい・みみ 文化学院美術科卒業。68年東京都生まれ。望月聖子の長女。

☆日本図書館協会選定図書

読者の声


●とても分かりやすく参考になる絵がたくさんあって、初心者の私にとってはとても親切な本でした。作風も温かみがあってよかったです。 (東京都・28歳)


この商品を友達に教える

twitter follow me