美術技法書・趣味・教養の分野で実績と信頼のある本づくりをしております。

カートの中身を見る

メールマガジン登録

マイページ
・登録情報の変更
・購入履歴の参照

書籍情報

【新装版】絵手紙で描くヒトひと人

【新装版】絵手紙で描くヒトひと人<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons24.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' />、浅倉須眞子
著者 浅倉須眞子
販売価格 1,400円(税込1,540円)
購入数
★バーゲンブック★ こちらの書籍はカバーに傷みがあるため、3割引(本体2,000円→1,400円)となっております。ご了承のうえお買い求めください。

商品説明


■体裁/B5変 111頁 ■ISBN/978-4-8170-3906-4
母の看病に通った電車の中で見たさまざまな人間模様。車中人物を絵手紙に描き残して十八年。「継続は力なり」という。人物から時代の変化や、世相が読み取れるまでの記録となった。出逢いの一瞬を大切にしてきた著者が絵手紙で描く愛すべき「ヒト、ひと、人」。

●主な目次
はじめに
◆一章 時代が読める人物画
ルーズ・ソックス/デイ・バッグ/マフラー、スカーフ/髪型/ひげ/イヤーホーン/新聞を読む/化粧する女/髪飾り/携帯電話/メガネ/睡魔/マスク/帽子/バッグ/子供連れ/つり皮/履物/働く姿/忘れものの代表傘/服装/気がつくと変っていた/待つ/冷え込みにご用心/忘れたくない着物/大切にしたい行事/路上でのたのしみ/髪をいじる人/誰の手にもペットボトル/束の間の休息/ちょっと考えて

◆二章 絵手紙の中に人物を登場させましょう
誰かを描いてみましょう/知っていると、ちょっと助かること

◆三章 コーヒーブレイク

◆四章 絵手紙それぞれの時に
印象深い人/小豆島までの旅/三時間の新幹線/いろいろな旅のスケッチ/描きたい人、描けない人/手からのスタート/「課外授業」などテレビの番組より/ペンを使って/速写

◆五章 思い出の絵手紙
おわりに

●あさくら・すまこ
1939年 横浜に生まれる。
1985年 絵手紙に出会う。小池先生に師事。
1987年 「車中スケッチ」はじめる。
1989年11月 個展「車中は私のアトリエ」(西荻窪、こけし屋)
2000年4月 個展「車中は私のアトリエ」(荻窪、かん芸館)
2005年8月 出版記念展「車中は私のアトリエ」(東京交通会館)
現在 日本絵手紙協会講師、NHK学園通信講座絵手紙添削講師、早稲田大学オープン・カレッジ八丁堀校講師、NHKオープンスクール国立校講師、東京・荻窪地域区民センターにて絵手紙教室講師

☆日本図書館協会選定図書
この商品を友達に教える

twitter follow me