美術技法書・趣味・教養の分野で実績と信頼のある本づくりをしております。
カートの中身を見る
マイページ
・登録情報の変更
・購入履歴の参照
書籍情報

忍者 初見良昭の教え 人生無刀捕

忍者 初見良昭の教え 人生無刀捕<img class='new_mark_img2' src='//img.shop-pro.jp/img/new/icons5.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' />、初見良昭
著者 初見良昭
販売価格 2,500円(税込2,700円)
購入数

商品説明


■体裁/四六上製・271頁 ■ISBN/978-4-8170-6026-6

87歳、世界に40万人の弟子を持つ世界で最も有名な「忍者」が教える、混沌の時代を生き抜く智慧がここにある。 さらに俳優・藤岡弘、氏との対談、高松壽嗣師範の貴重写真と寄稿文、著者未公開原稿を収録。「初見哲学」が凝縮された一冊。

●目次
口絵
第一章 人生無刀捕
Q1「何かを学ぶ狡鏤厠廊瓠逆に教える犹嫋⇔廊瓩箸いΔ發里呂△襪里任靴腓Δ?」
A1「気立てのいいこと。心根の清い人。そして素直に学ぶこと」
一子相伝 → 一刀萬法 → 万物帰一
修行人生には節目がある
武神館で教えているものは「生きのびる術」
美学、備学、微学。武道家は「虚実文字」
初見良昭先生の『一答良談』
○作麼生「知人が末期癌です」
○説破「平常心で、これまでどおりで接すること」
Q2「先生の仰る犁実文字瓩箸呂覆鵑任靴腓?」
A2「虚実に変化し、つなぎ、つなげる言葉」
初見先生の肩書は?
自分の星との向き合い方
努力は三倍。毎週ヨーロッパを往復する感覚
Q3「修業時代のお話を伺わせてください」
A3「高松先生から生き方の犖凝性瓩魘気錣蠅泙靴拭
技は、教えた内容の半分できればいい
初見良昭先生の『一答良談』
○作麼生「テロに遭ったらどうしますか?」
○説破「なるようにしか、ならないでしょ」
Q4「初見流の犲凌鉢瓩箸浪燭任垢?」
A4「万能ではない自分を認めることから、真の不動心がはじまる」
不動心、怖動心、浮動心
医者は3割打者のホームラン
初見良昭先生の『一答良談』
○作麼生「こんなに海外に弟子が出来ると思っていましたか?」
○説破「考えもしませんでした」
Q5「他の武道と忍術の違いは何ですか?」
A5「口で説明してもわかりません」
最初の真剣白羽取り
武道家が満州を目指した時代
Q6「無刀捕とは何ですか?」
A6「相手や自分、技や型をコントロールし、無技無型の命を作る」
悟りは脚下にあり
介護のストレスに耐えるためのコツとは
Q7「悟りの時期はいつですか?」
A7「爐い洵瓩任后
コンドームをつけたら次世代ができない
Q8「外国人の弟子に何を伝えているのですか?」
A8「人間の本質ですよ」
万物帰一の道理にたどり着けるかどうか
Q9「修行を続けていくために必要なものはなんでしょうか?」
A9「目的を明確にすること」
武神館の最高師範は500人以上
無の中の真実
Q 「時代とどう向き合って生きていけばいいのでしょうか?」
A 「気にしない方がいい」
武道=一子相伝のイメージは作家の罪
初見良昭の死生観
第二章 対談 初見良昭×藤岡弘、
ご縁の二人
忍者と本多忠勝
念と縁
「ノー・カントリー、アイ・アム・UFO」
なぜ忍者は海外から注目されているのか
第三章 初見的・奥の細道「すべて単純」
絵について
教えについて
刀について
刀の稽古について
忍術について
独り稽古について
修行について
若い頃について
高松先生について
お金について
守破離について
映画について
宮本武蔵の『五輪の書』について
時代について
人生について
第四章 資料徒然草
神伝修羅六法(高松壽嗣筆)
忍びの黙示録
今村先生八十歳のお祝いと忍者の変装術
世界忍者戦ジライヤの思い出
「初見良昭の波瀾万丈」より
綿谷雪先生のこと
あとがきにかえて 木の国ジャパン そして三心の形


●はつみ・まさあき
1931年、千葉県野田市生まれ。武神館を主宰(武神館九流派宗家)、柔道五段、空手八段、抜刀道十段。ペンタゴンやFBI、英国特殊部隊、オランダ王立海軍などでも指導。テネシー州親善大使、ロンドン警視庁名誉顧問、テキサス州名誉市民、アトランタ、ロサンゼルス市名誉市民など。騎士(ドイツ国立歴史文化連盟より)。世界各国の指導者(レーガン大統領、メージャー首相、ミッテラン大統領、ローマ法王、マンデラ大統領ほか)や軍隊、警察、情報局や各種団体から感謝状、賞状、友好証などを受けている。国際警察会員、インターポール。英国王立医学協会名誉会員、トリニティ大学名誉教授、モアパーク大学犯罪学名誉教授、科学博士、哲学博士、芸術学博士。「日本よりも海外で有名な日本人」として、しばしばテレビ、雑誌、新聞などで紹介される。
この商品を友達に教える