美術技法書・趣味・教養の分野で実績と信頼のある本づくりをしております。
メールマガジン登録
カートの中身を見る
マイページ
・登録情報の変更
・購入履歴の参照
書籍情報

墨技の発見 水を描く

墨技の発見 水を描く、日貿出版社編
著者 日貿出版社編
販売価格 2,800円(税込3,024円)
購入数

商品説明


■サブタイトル/水墨画競作シリーズ
■体裁/A4変・119頁 ■ISBN/978-4-8170-2050-5

水墨画にとって特に重要なテーマである「水」の表現に、
新進気鋭の若手から熟達のベテランまで、人気の6画人がそれぞれの手法で挑む。
千変万化する水の姿を描くテクニックとコツを、豊富な作例とプロセス写真で詳解。

本書の前半では、水面の輝き、投影、ゆらぎ、泡、しずく、雪の中の川といった特徴的な水の表情を、
それぞれの手法で展開する他、「雨の風景」を競作形式で描く。
後半では、港、棚田、波、運河、水たまり、池、海岸、渓流などを取り上げ、
各作家2作例の描法プロセスを収録。
また、「水」の代表的なテーマである「滝と渓谷」を表現するためのポイントについて説明していく。
さらに巻末には、久山一枝による「安倍川をたどる」と、雨の水紋や噴水など、
特殊技法を交えた作品づくりも紹介する。

●内容
1章 様々な水の表情
水の表情1 輝き:伊藤昌/2 投影:川浦みさき/3 雪の川:松井陽水/「4 波形:馬艶/5 泡としずく:矢形嵐酔
〈競作〉雨の風景1 潑墨で描く:伊藤昌/2 竹林の雨:川浦みさき/3 モンマルトルの雨:松井陽水/
4 嵐の岩場:馬艶/5 雨の紫陽花:矢形嵐酔

2章 水の描き方 31
伊藤 昌:港の朝を描く/棚田を描く
川浦みさき:材木座海岸の波を描く:三溪園を描く
松井陽水:ベネチアを描く:水たまりの雀を描く
馬 艶:鯉を描く/三王岩を描く
矢形嵐酔:波濤を描く/刷毛で描く岩と流れ
滝と渓谷I 伊藤昌 滝の抽象表現/II 川浦みさき かすれとにじみの効果/III 松井陽水 奥入瀬の渓流/
IV 馬 艶 具象から抽象へ/V 矢形嵐酔 流れと響き
久山一枝:安倍川をたどる
雨の水紋を描く1/雨の水紋を描く2/噴水を描く/水田を描く

●描法執筆者略歴
伊藤 昌(いとう・しょう)
1967年、宮城県石巻市生まれ。上智大学文学部英文学科卒業。1992年以来、毎年各地で個展を開催。
2001年にはスペイン・マドリッドの個展で好評を博す。
著書:『水墨画 青春彷徨』(秀作社)、『筆ペンイラスト練習帖』(ブティック社)、『花鳥画レッスン』(日貿出版社)
現在:S会主宰、全国水墨画美術協会評議員、総合水墨画展委嘱審査員、全日本水墨作家連同人、他。
http://shoito.jp

川浦みさき(かわうら・みさき)
神奈川県茅ヶ崎市出身。1981〜1982年、中国留学(文部省海外派遣国費留学)、北京国立中央美術学院美術史専攻。
1985年、横浜国立大学大学院美術研究科修士課程修了。1985~1987年、中国留学(中国政府招待留学)、中央美術学院山水画専攻。
著書:『川浦みさき画集 シルクロード─墨の風景─』、『川浦みさき画集II シルクロード光陰─水墨画とスケッチ─』(以上、日貿出版社)
現在:東洋美術学校中国画水墨画学科講師、クラブツーリズムスケッチツアー講師、国際水墨画交流協会理事、中国水墨画資格認定師範、七水会主宰、他。

松井陽水(まつい・ようすい)
岡山県津山市生まれ。多摩芸術学園(現・多摩美術大学)卒業。
文部大臣賞、東京セントラル美術館賞、芸術文化賞など受賞。「趣味の水墨画」(月刊水墨画)連載。
著書:『初歩から学ぶ水墨風景画』(日貿出版社)
現在:日本墨画協会理事長、現代墨画陽水会主宰、全日本水墨作家連同人、一般社団法人日本画府理事、他。

馬 艶(ま・えん)
1967年、北京生まれ。北京国立中央美術学院を卒業。水墨画、油絵、芸術批評を専攻、油絵と中国画を学ぶ。
2006年より馬驍水墨画会所属「艶墨会」主宰。ホテル椿山荘アートギャラリー・銀座鳩居堂他、個展多数。
著書:『水墨画 黄金の法則』(日貿出版社)
現在:艶墨会主宰、馬驍水墨画会副代表、馬驍水墨画会(銀座教室)講師、日本美術家連盟会員、他。

矢形嵐酔(やかた・らんすい)
幼少の頃より書道を学び、公益社団法人大日本書芸院にて一般書道で師範を取得。その後水墨画を橋本鉱酔氏に学ぶ。
カナダ・ブリティッシュコロンビア州政府より招かれ、親善大使としてバンクーバーで水墨画指導。全国水墨画美術協会作家展等で外務大臣賞をはじめ受賞歴多数。英国ロンドン、仏パリでの巡回個展。
現在:英国ロンドン国際中国画家協会招待、国際中国書法国画家協会本部代表理事、中国遼寧省鞍山市美術家協会理事、全国水墨画美術協会評議員、
国際書画連盟理事審査員、中国蘇州画院無鑑査、中国蘇州画院花鳥画家研究会特別参事、公益社団法人大日本書芸院審査会員、他。

久山一枝(くやま・かずえ)
静岡県出身。1967年、東京芸術大学工芸科卒業。1969年、同大学院彫金科修了。岩上青稜氏に水墨画を学ぶ。
1994年、日本クラフト展にて日本クラフト賞受賞。
著書:『尾瀬の四季』、『水墨で描く風景画』、『特殊技法で学ぶ水墨画』(以上、日貿出版社)、他。
現在:新水墨画協会主宰。毎年「日本の美しい自然」展を開催。朝日カルチャーセンター朝日JTB・交流文化塾、
読売日本テレビ文化センター京葉、池袋西武コミュニティ・カレッジ各講師、他。
この商品を友達に教える