美術技法書・趣味・教養の分野で実績と信頼のある本づくりをしております。
メールマガジン登録
カートの中身を見る
マイページ
・登録情報の変更
・購入履歴の参照
書籍情報

仏画のすすめ【新装改訂版】

仏画のすすめ【新装改訂版】  、松久宗琳
著者 松久宗琳
販売価格 2,800円(税込3,024円)
購入数

商品説明


■サブタイトル/
■体裁/A4・103頁  ■ISBN/978-4-8170-2063-5

仏像彫刻の基礎的訓練として仏画を研鑽した著者は、水墨による仏画を提示。観音像や弥勒像など、その描法とこころを万人にすすめる。易しい截金の技法も詳解する。

●主な目次  1序論 2準備篇 用具と材料/描画の手順/線描き・彩色の要領/制作の心構え 3基礎篇 白衣観音 4実技篇 顔/半身像/可愛いい仏/正面像/参考作品 5研究篇 絹本・截金の技法/普賢菩薩 6参考篇 教典絵 別章・仏像の知識 

●まつひさ・そうりん 
大正15年(1926年)、仏師・松久朋琳の長男として京都市に生まれる。本名・武雄。
幼少より絵画に熱中し、その基礎を学ぶが、病を得て父の許に帰り、仏師としての道を歩む。
戦後、父の良き伴侶として、京都・聖護院の蔵王権現(23年)、鞍馬寺の魔王尊(25年)、愛媛県・出石寺の仁王像(26年)、大阪・四天王寺中門の仁王像(37年)などの彫造に従事、また37年には京都・九条山に「京都仏像彫刻研究所」を開設するなど、仏像彫刻会に確固たる地歩を築く。
39年より「仏教美術展」を主催し、毘沙門天像(46年)、普賢菩薩像(47年)、明星観音像(48年)など、宗教芸術の真髄を示す力作を発表してきた。48年には『仏像彫刻のすすめ』を父と共著、同年「宗教芸術院」を設立し、広く後進の指導にあたってきた。
その間、仏画にも並々ならぬ情熱と研鑽を示し、月形竜之介邸持仏堂の板絵(31年)四天王寺の火焔太鼓の制作と彩色(42年)、白浜・金閣寺金堂の浮彫と天井画(43年)などを手がける。
49年、父とともに嵯峨・大覚寺の五大明王像、金閣寺の岩屋観音と四天王、奈良・法華寺の十一面観音像などの彫造に従う。
59年、弘法大師御入定1150年御遠忌に際し高野山東塔に大日如来・不動明王・愛染明王の大日三尊像を納める。
60年、成田山新勝寺に不動明王・降三世明王・軍荼利明王・大威徳明王・金剛夜叉明王の五大明王を納める。
他に、四天王寺阿弥陀如来像、延暦寺弥勒菩薩像・十一面観音像、鞍馬寺千手観音像などがある。
総本山四天王寺大仏師、大本山成田山大仏師。平成4年3月死去。


この商品を友達に教える