美術技法書・趣味・教養の分野で実績と信頼のある本づくりをしております。
カートの中身を見る
マイページ
・登録情報の変更
・購入履歴の参照

書籍情報

実戦中国拳法 太氣拳【新装増補版】

実戦中国拳法 太氣拳【新装増補版】、澤井健一
著者 澤井健一
販売価格 2,500円(税込2,750円)
購入数

商品説明


■体裁/B5判・207頁 ■ISBN/978-4-8170-6012-9

日本武術史に「拳聖」として名を残す澤井健一、唯一無二の技術書が復刊。初版より40年の時を経て、いまなお金字塔として輝く本書に、あらたに佐藤嘉道師範による書き下ろし文章と“拳聖の肖像"として、貴重な写真を収録。時代を超え、世代を超え、格闘技を越えた“武術"の世界への入り口がここにある。

●主な内容
序、太気拳の歴史、形意拳について、太気拳の特徴、禅 、立禅・半禅、揺、 気を入れる、這、練、迎手、払手、差手、打拳 、稽古方法 、組手、探手、逆手、あとがき、
●新装増補版新収録 立禅にささえられて 佐藤嘉道、 写真“拳聖の肖像"

●さわい・けんいち
1903年生まれ。東京都出身。柔道五段/剣道四段/居合道四段。1988年死去。 1931年に中国に渡り、中国拳法の達人・王向齋先生に出会う。先生との立ち会いの結果、まったく歯が立たず、その場で弟子入りを決意する。しかし、外国人は弟子に持たずとする先生に入門を拒否され、一週間入門嘆願を続けた末に、やっと弟子入りを許可される。以来、中国拳法の稽古にひたすら励む。 1947年、王向齋先生の許可を得て、新たに太氣至誠拳法(太氣拳)を創始し、日本に帰る。道場を持たず、師の教えを守って、自然の中で稽古することを主義とし、森の中で早朝より稽古に励む。著者の優れた拳法理論と実力を慕って集まった数人の弟子だけに真の中国拳法を教えた。 1976年11月、本書の初版発行以降弟子入り志望者が急増し、多くの弟子がその薫陶を受けた。また、他流派の高段者や格闘家にも多大な影響を与え、その実力と人柄から「拳聖」と賞賛されている。
この商品を友達に教える

twitter follow me