美術技法書・趣味・教養の分野で実績と信頼のある本づくりをしております。
カートの中身を見る
マイページ
・登録情報の変更
・購入履歴の参照

書籍情報

ほのぼのはがき絵

ほのぼのはがき絵、梶川陽子
著者 梶川陽子
販売価格 1,800円(税込1,980円)
購入数

商品説明


■サブタイトル/身近な材料で手軽に楽しむ
■体裁/B5変・95頁 ■ISBN/978-4-8170-3986-6

【筆をほとんど使わないはがき絵】 ものを大切にする世代。新聞紙やチラシが応用できないか考え、思いついたのがはり絵のはがき絵。ただ貼るだけでは味わいがないが、クレヨンや爪楊枝、綿棒などを駆使し、自在に絵を描く。簡単だけど、驚くほど素敵なはがき絵が出来る。震災で逆境を味わった。でも以前に増して、人との絆が強まったという。東京から宮城へIターンした著者が悩みを乗りこえ、はがき絵教室の楽しみを綴る。

●目次
人と人の絆を一枚のはがき絵に託して

切って、貼って、描く野菜のはがき絵   

モモを描く
【エッセー】絵のある人生
【エッセー】東日本大震災   
魚たちのはがき絵   
「マイワシ」を描く   

四季のはがき絵

【エッセー】心、和むはがきのアート  
【エッセー】白石の和紙
   
十二支のはがき絵
【エッセー】クマと蜂蜜

はがき絵を楽しむ

はがき絵を描く時の画材
はがき作成についての注意点
「節分の鬼」を描く

「花火」を描く  
「ヒマワリ」を描く   
「クリスマスツリー」を描く   
「ツバキ」を描く   
こいのぼりを描き分ける   
身近な犬と猫を描こう
あとがき


●かじかわ・ようこ
1939年東京都日本橋人形町出身。高校を卒業後三菱銀行(現東京三菱UFJ銀行)日本橋支店入社。1989年全日本積穂俳画教会にて俳画師事。1990年挿絵家林尚子先生に師事。2008年 NHK文化センター仙台教室開講。2011年東日本大震災で一時中断。2013年 池袋東武カルチャー教室開講。その他、東京都板橋や三鷹、宮城県白石教室を主宰。生徒数は150余名。
この商品を友達に教える
この商品を買った人はこんな商品も買っています


twitter follow me