美術技法書・趣味・教養の分野で実績と信頼のある本づくりをしております。
カートの中身を見る
マイページ
・登録情報の変更
・購入履歴の参照

書籍情報

日本画家・守屋多々志 四季の写生帖 草花篇(下)

日本画家・守屋多々志 四季の写生帖 草花篇(下)、守屋多々志
著者 守屋多々志
販売価格 2,800円(税込3,080円)
購入数

商品説明


■体裁/A4変・96頁 ■ISBN/978-4-8170-3938-5

★守屋多々志 生誕100年記念出版★「草花篇(上・下)」「果実・野菜篇」三巻同時刊行

歴史画の第一人者として日本美術院を中心に活躍した画家が、70余年にわたり描き続けたスケッチの集大成。季節感あふれる身近な草花と果実・野菜の姿をとらえ、描くことの喜びが伝わる。様々な角度や開花の時間差を追った表現で、日本画制作に役立つ作品を満載。作品には家族や友人、また親しくしている文学者、師の前田青邨などとの関係が記されたものもあり、画家の幅広い交流がうかがわれる。万葉集などの歌の引用からは、古典への造詣と日頃の自然に対する深い思いが伝わり、初期の細密な表現から、省筆の味わい深い線描まで多彩であり、顔彩ばかりでなく水彩絵の具や色鉛筆、クレヨンまで、豊富な画材で自由な表現が見られる。日本画はもちろん、水墨画、絵手紙、水彩画などの制作に必携の植物写生作品集。

●主な内容
盛夏から秋冬への変遷:立葵・百合・グラジオラス・月下美人・朝顔・ジンジャー・ホトトギス・アザミ・菊・山茶花・水仙など149作品

●もりや ただし(1912〜2003年) 
略歴/1930年、前田青邨に師事。1931年、東京美術学校(現東京藝術大学)入学。1941年、再興日本美術院展第28回展に初入選。1954年、総理府留学生としてイタリアへ留学。1967年、法隆寺金堂壁画再現模写事業に従事。1974年、日本美術院同人に推挙。2001年、大垣市守屋多々志美術館開館。文化勲章受章。
この商品を友達に教える

twitter follow me