美術技法書・趣味・教養の分野で実績と信頼のある本づくりをしております。
カートの中身を見る
マイページ
・登録情報の変更
・購入履歴の参照

書籍情報

仏像画入門【新装版】

仏像画入門【新装版】、干場哲鳳
著者 干場哲鳳
販売価格 2,800円(税込3,024円)
購入数

商品説明


■サブタイトル/国宝仏をやさしく描く
■体裁/A4変・147頁 ■ISBN/978-4-8170-3614-8

 その優美な造形に魅せられて以来数多くの仏像を丹念な毛筆とペンの線描きで作品としてきた著者が、国宝・重要文化財116点を選び、全身像54点・仏頭画62点の作例と描法を掲げ、仏像の基礎知識などを網羅して詳しく紹介。
 仏像を描くにはお姿の決まりごとを知らなくてはならない。本書では、前半に仏像についての基礎知識を詳しく述べ、後半では具体的に仏像を描く方法を記した。参考作品として色紙に描いた彩色画と水墨画数点も紹介。
 線の上をなぞって、線描画の作品にしてもよい。また、色を塗る場合は、これを下図として画用紙に写し、絵具で彩色をするとよい。全く初めての方であれば「塗り絵」式に、まず線画をコピーして、色鉛筆で彩色する方法もある。
仏像の美に魅せられて…「ぬり絵」感覚で描いてみましょう。

●主な内容
第1章 知っておきたい仏たちの知識(釈迦80年の生涯・仏の階級と眷属・如来・菩薩・明王・天部・その他の諸仏)/第2章 知っておきたい仏像美術の知識(仏像とは・仏像の発生・仏像の分類)/第3章 仏像の制作と造形の知識(仏像の各部の名称・仏師・仏像の印相)/第4章 仏像画の描法(用具の準備・仏像を描くときの心構え・仏像の描き方・枡目ペン画き・毛筆・直描き・写仏=毛筆描き・彩色の方法)/第5章 仏像画作品(<国宝>室生寺 釈迦如来坐像・<国宝>平等院 阿弥陀如来像・<国宝>唐招提寺 薬師如来立像・<国宝>奈良国立博物館 薬師如来坐像・<国宝>法隆寺 夢違観音菩薩立像・<国宝>渡岸寺 十一面観音菩薩立像・<国宝>葛井寺 千手観音菩薩坐像・<国宝>東大寺 不空羂索観音菩薩立像・ペシャワール博物館 ガンダーラ仏立像・マトゥーラ博物館 仏頭 他、計116点)

●ほしば・せきほう 大正14年7月28日生まれ。新京工業大学卒業ののち機械設計の職に就く。昭和43年、中部運搬技研株式会社設立。代表取締役社長に就任。元日本運搬車両機器協会副会長。昭和32年より直原玉青氏に水墨画を学び研修を重ねて現在に至る。個展十数回を開催、愛知県を中心に水墨画・仏画の講師を務める。本名、哲郎。

この商品を友達に教える
この商品を買った人はこんな商品も買っています


twitter follow me