美術技法書・趣味・教養の分野で実績と信頼のある本づくりをしております。
カートの中身を見る
マイページ
・登録情報の変更
・購入履歴の参照

書籍情報

2012年版 絵手紙の年賀状

2012年版 絵手紙の年賀状、絵手紙いずみの会編
著者 絵手紙いずみの会編
販売価格 1,200円(税込1,296円)
購入数

商品説明


■サブタイトル/
■体裁/B5 111頁 ■ISBN/978-4-8170-3843-2

きずなをつよくする絵手紙力が震災のキズをいやす!!
来年の干支「龍」を求めて伊豆・松崎へ取材旅行。川越、浅草、横浜中華街などでのスケッチ、郷土玩具・富士山・魚や花…絵手紙のアイデア満載です。
東日本大震災で多くの方々が被災され、苦しまれております。人生の再建ができますよう、こころより応援させていただきます。いずみの会では、売上の一部を東日本大震災の義援金として寄付させていただきます。

●主な目次
郷土玩具
鳥取の木彫をかく
三春の龍をかく
伊豆取材旅行
「八方にらみの龍」をかく
岩科学校をかく
各地の龍を訪ねて
凧にかく
記念の枡をかく
彩玉ボードを使って「竜の落し子」をかく
エッセー
鰈をかく
魚づくし
バラをかく
里芋をかく
富士山をかく
書の年賀状

●えてがみ・いずみのかい
遠藤安子、大久保愛子、小川豊子、葛西二三子、兼岩幸恵、桜井幸子、鈴木順子、富澤恒子、中井桂子、丹羽和代、早川美知江、松波けい子、三沢礼子、宮内定子、村松伊奈、山本文美、浅田美知子、岡本和子、税所千惠子、多田由利子、田中かず子、向井艶子の22人。
1987年、絵手紙の創始者、小池邦夫の指導から始まった。その後自主講座となって、迷いながら月一回勉強会を開き24年。自分流の絵手紙をかく楽しさを伝え、広げている。毎年恒例の展覧会も開催。向上心溢れる22人。
この商品を友達に教える
この商品を買った人はこんな商品も買っています


twitter follow me