美術技法書・趣味・教養の分野で実績と信頼のある本づくりをしております。
カートの中身を見る
マイページ
・登録情報の変更
・購入履歴の参照

書籍情報

水彩画110のヒント

水彩画110のヒント、秋本 不二春
著者 秋本 不二春
販売価格 2,000円(税込2,160円)
購入数

商品説明


■サブタイトル/こまったときの
■体裁/B5変・111頁  ■ISBN/978-4-8170-3337-6

青空は真っ青に塗ると面白くない空になる。たっぷり水を絵具に含ませて塗る。失敗しないためには紙面を予め水で湿らせる。用紙を立てかけて塗り下げていくとよい。地平線近くの空は僅かに赤みを帯びた感じに表現する。冒頭の空には、このようなヒントが九つある。
 続けて、水、橋、船、山、街、人、里、寺、樹を合わせ10項目につき、イラストと簡潔な言葉で、まだ慣れない初心者をバックアップする。更に、それらのヒントを繰り広げて描いた、内外の風景作例32点で総合して案内。
 スケッチ上達のための10ヶ条や、実際のスケッチから描き起こす港と住宅風景のプロセス2例も収めた。
 好評の『水彩画7つの上達法』の著者の第2集。

●目次から 
◆ギャラリー ◆スケッチ準備編 ◆実践でのヒント 空 青空/水で湿らせてから、など 水 静かな川・海/やや風のある場合、など 橋 石橋/木の橋、など 船 ボート/大きな船、など 山 山襞/近郊の山、など 街 信号機/横断歩道、など 人 頭は小さく/群衆は、など 里 瓦/土塀、など 寺 山門/五重塔/屋根、など 樹 下地に黄色/遠くは青で、など

●あきもと・ふじはる 
1924年東京生まれ。東京銀座・尾張町ギャラリーなどで個展11回。えふけいスケッチ教室主宰。早稲田大学建築学科卒業。大成建設設計部にて長く意匠担当だった。

多くの読者に広がる。9刷! 水彩画7つの上達法 本体2,000円

☆日本図書館協会選定図書
この商品を友達に教える
この商品を買った人はこんな商品も買っています


twitter follow me