美術技法書・趣味・教養の分野で実績と信頼のある本づくりをしております。
カートの中身を見る
マイページ
・登録情報の変更
・購入履歴の参照

書籍情報

季刊・水墨画108 暮らしを彩る花々

季刊・水墨画108 暮らしを彩る花々<img class='new_mark_img2' src='//img.shop-pro.jp/img/new/icons21.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' />、日貿出版社編
著者 日貿出版社編
販売価格 1,050円(税込1,155円)
購入数
バーゲンブック:定価の30%OFF
こちらの書籍は刊行時期が古く、表紙に傷みやヤケがあるため特価で販売いたします。
中身は通常どおりお読みいただける書籍です。


商品説明


■サブタイトル/暮らしを彩る花々
■体裁/A4変・83頁  ■ISBN/978-4-8170-1008-8
■2004年初版発行
■定価/1500円(本体)→販売価格1050円(本体)

●巻頭エッセイ 風景を詠う 俳人 藤田湘子(しょうし)

◆特集 伝統から新作まで 暮らしを彩る花々
●伊藤若冲、椿椿山、酒井抱一、本阿弥光甫、円山応挙、浦上春琴、池大雅など
 若冲の「蓮池図」、椿山「花籠」、抱一「瓶花図」、応挙「藤花図屏風」、春琴「花鳥図屏風」など、品格の高い12点を大判のカラーで。
大月紅石 美しい淡墨を大画面に生かす
松下黄沙 ダイナミックな構図と墨美の世界
斉藤南北 味わい豊かな水墨画を日々の生活に
久保田華光 四十六面におよぶ襖絵を初公開
 大月紅石の屏風絵や襖絵、条幅・扇面・団扇の画面に描いた作品と、団扇・扇面・絹での描法プロセス。松下黄沙の屏風絵を中心とする大画面。斉藤南北は衝立と屏風図、久保田華光は東京・町田市にある寺院の客殿に描いた四十六面の襖絵を掲げた。四年を要した労作。 合わせて54頁で特集。

◆「白隠 禅と書画」展
●誌上ギャラリー 篠原貴之
●本誌主宰 第十回水墨画講習会レポート 久山一枝指導
●第六回 四季のはがき絵誌上展 優秀作品展
◆新春はがき絵展 大月紅石指導
◆第十八回日本墨絵協会展
●ギャラリー 中原信子「淡墨桜」を描く
この商品を友達に教える

twitter follow me