美術技法書・趣味・教養の分野で実績と信頼のある本づくりをしております。
カートの中身を見る
マイページ
・登録情報の変更
・購入履歴の参照

書籍情報

やさしい花のペン画

やさしい花のペン画、広野 多珂子
著者 広野 多珂子
販売価格 2,200円(税込2,420円)
購入数

商品説明


■サブタイトル/テンダーおばあさんと描く
■体裁/B5変・127頁  ■ISBN/978-4-8170-3224-9

年を重ねても少女のような感性と探求心、行動力を持ち続けている、やさしいテンダーおばあさんが、庭の花の美しさをいつまでも残しておこうと、花の絵を描き始めます。

 テンダーおばあさんに導かれながら、鉛筆スケッチを経てペンでなぞる基礎から、彩色、額縁づくりや個展の開き方まで、細部は拡大写真を使うなど、丁寧に案内し進めていく。豪華な花は使わない。どこの家にもある小物を活用する。例えば、二、三種類の小さな花を紙袋に入れて、野菜をあしらうと、見違えるような新鮮な効果。このような組み合わせが意外な展開を見せる。
 「テンダーおばあさん」の「テンダー」には英語で、優しい、親切な、という意味がある。そのとおりの初心者向け。

●主な内容 
▼描く前に 画材店/必要な画材▼さあ、描こう/庭の花を描く/野の花/野外に/植物観察/小物を描いてみる▼着色しよう 簡単な色使いから/水彩絵の具▼作品展を開こう▼自分だけの額縁を作ろう▼案内状を出そう▼展示▼芳名帳▼はじめての作品展

●ひろの・たかこ。
1947年愛知県生まれ。スペインのシルクロ・デ・ベージャス・アルテスに学ぶ。児童文学の挿絵、絵本の絵を描く。挿絵に『魔女の宅急便 その2』、絵本に『ちいさな魔女 リトラ』『ねぼすけスーザのおかいもの』(それぞれ福音館書店)など多数。個展5回。

☆日本図書館協会選定図書
この商品を友達に教える

twitter follow me