美術技法書・趣味・教養の分野で実績と信頼のある本づくりをしております。
カートの中身を見る
マイページ
・登録情報の変更
・購入履歴の参照

書籍情報

日本の面影 粋

日本の面影 粋、中島 通善
著者 中島 通善
販売価格 2,500円(税込2,750円)
購入数

商品説明


■サブタイトル/中島通善 版木画集
■体裁/B5変・119頁  ■ISBN/978-4-8170-5049-6

簡潔な構図だが、細やかに彫られ、落ちつきのある色合いで刷られた版画は、日本の伝統と歴史の象徴である。愛おしく、そして憧れであり、讃えずにはおられない。畳、障子、茶箪笥、お香、蚊帳、お椀、茶の湯、火鉢…。
 四季の豊かな移り変わりは自然からの贈りもの。しだれ桜や、薫風、涼風、秋草、落ち葉、雪、朝霜、そして雨上がり。彩りも鮮やかで艶のある、竹の子、若竹、睡蓮、満月、麦畑、蛍。色香の感じられる、上がり湯、行水、下駄、黒髪、蛇の目。
 版画に付した、自身の言葉や、一茶、芭蕉、露伴、小泉八雲、荷風作品などからの短い引用も効果的。
 原画から彫り、摺りまで通して制作し、版木画と命名している。作品の色は、時間の経過とともに独特の深みを増す。日本の自然が育んだ、木と紙と顔料と水が生きている版木画99点を収めた。
 巻末には、曹洞宗宗務庁発行の月刊誌「禅の友」表紙作品とその解説文を1色で再録した。著者が5年間にわたり手がけたもの。

●目次から 
■無い 抽斗、初桜、石、春くる、掃き出し口、など25点 ■一つ 波の花、まほろば、したまち雪、花一献、など25点 ■いま 白雨、富士来光、しだれ桜、爛漫、など25点 ■巡る 清流、彩流、昇流、御幣、梅暦、など24点 ◆四季ごよみ 「禅の友」表紙から作品と言葉

●なかじま・つうぜん 
16歳から木版画を始め出版社勤務を経て、木目を生かした自画・自刻・自摺の独自の木版画を確立。毎年三越などのほか、00年・03年に米国サンフランシスコで、01年英国ロンドンでそれぞれ個展。1944年東京生まれ。早稲田大学卒業。
この商品を友達に教える

twitter follow me