美術技法書・趣味・教養の分野で実績と信頼のある本づくりをしております。
カートの中身を見る
マイページ
・登録情報の変更
・購入履歴の参照

書籍情報

日米人情すごろく

日米人情すごろく、桐谷 逸夫
著者 桐谷 逸夫
販売価格 2,300円(税込2,530円)
購入数

商品説明


■サブタイトル/絵と文で綴る/逸夫とエリザベスの一期一絵
■体裁/A5変・255頁  ■ISBN/978-4-8170-3529-5

人生が旅ならば、すごろくはその縮図。振ったサイコロの目だけ進んで、戻って、回り道もあれば休みもある。街歩き、出会い、日本発見、外国旅行、下町暮らし、酒の話などをテーマに米国人の妻と共に、東京に生きる人々の魅力と人情を中心に文と絵で和やかに綴る画文集。
 一編は約750字、見開きの左頁にそれぞれ全カラーで挿絵を添えた。どこから始めてもいい。つい読み進んでしまう。

 読売新聞都内版に、2003年8月より好評連載エッセイ「桐谷夫妻の一期一絵」から116回分を撰んでまとめた。一部訂正、加筆した箇所がある。

●きりたに・いつお 
早稲田大学商学部・文学部美術専修各卒業。独ミュンヘン美術アカデミー、米ボストン美術館美術学校で学ぶ。国内外で個展。東京下町や世界の都市の生活と群衆を描いている。『下町いま・むかし』(小社刊)で日本文芸大賞画文賞。

●きりたに・えりざべす 
米ホイートン大学卒業。ハーバード大学医学部で医学研究、同付属病院の血液専門家。1979年来日。NHKテレビ英語ニュース・アナウンサー、ライター。著書『消えゆく日本』(丸善ブックス)で日本文芸大賞ルポライター賞。
この商品を友達に教える

twitter follow me