美術技法書・趣味・教養の分野で実績と信頼のある本づくりをしております。
カートの中身を見る
マイページ
・登録情報の変更
・購入履歴の参照

書籍情報

手軽に描く水彩スケッチ

手軽に描く水彩スケッチ、久山 一枝
著者 久山 一枝
販売価格 1,600円(税込1,728円)
購入数

商品説明


■サブタイトル/はがきで楽しむ
■体裁/A5・127頁  ■ISBN/978-4-8170-3391-8

題材は、描き方は、道具は、こうしなくてはいけない。絵を始めるにはかたぐるしいものを感じている向きがあるかも知れない。が、もっと気軽に、まずは一歩踏み出してみよう。最も小さいはがき画面が、手っ取り早い。絵の具は子供の使っているものでもよいし、なければ12色の最も色数の少ないのでいい。混色すれば、色の幅はぐっと広がる。2色だけで、こんなにも表現できると、作例が出てくる。出かける時は、用具は、ポケットのたくさん付いたベストなら、全部はいってしまう。まず一本の木から描いていく。次に二本、三本と増やしていき、背景を入れ、部分にも目を向け、モチーフを絞って描く方法がいいのではないか。
山、高原、田園、海、漁村、川、渓流、湖沼、民家、そして雪景色。鉛筆などの線描も最少限度に押さえ、淡彩を施す。風が吹き抜ける爽やかな作例をもとに、短い説明で、贅沢な豊かな時間を過ごしてみませんかと誘う。

●主な目次 
,泙困麓蠏擇防舛い討澆泙靴腓Α。 ポケットにも入る用具一式 2 景色を切り取って簡単スケッチ 3 色の効果的な使い方/画面構成についてちょっと考えてみましょう 1どこを切り取るか? それが問題 2 紙の地を生かすことも大切/もっと素敵な絵にするために 1 いろいろな紙に描いてみよう 2 イメージ重視の作品づくりに挑戦

●くやま・かずえ。
新水墨画協会を主宰し「游々展」「日本の美しい自然展」を毎年開催。岩上青稜師に水墨画を学ぶ。パルコ・毎日新聞カルチャーシティー講師。1994年日本クラフト展で日本クラフト賞。67年東京芸大卒業、69年同大学院彫金科修了。清水市出身。

☆日本図書館協会選定図書
この商品を友達に教える
この商品を買った人はこんな商品も買っています


twitter follow me