美術技法書・趣味・教養の分野で実績と信頼のある本づくりをしております。
カートの中身を見る
マイページ
・登録情報の変更
・購入履歴の参照

書籍情報

水墨画 春の花を描く

水墨画 春の花を描く、大月 紅石
著者 大月 紅石
販売価格 1,800円(税込1,980円)
購入数

商品説明


■サブタイトル/庭花 洋花 野辺の花
■体裁/A4変・71頁  ■ISBN/978-4-8170-3413-7

花はみんな笑顔で咲いている。人が花によって癒される所以は、花が笑顔であるからに他ならない。優しい笑顔のいきいきとした花にしたい。
 身近なところで咲いている一般的な誰でも知っている春の花を30種選び、花を前にした直描きで、できるだけ筆数少なく、澄んだ墨色と澄んだ顔彩で描いた。
 墨彩画を主とし、作例は見やすく1頁大で掲げた。見開きで部分拡大など描法を図解し、筆順を付けて、入門者にも容易に学べるようにしている。筆法の解説には、その末尾に筆の3種類の別と、運筆の基本的な3法、直筆・半側筆・全側筆の別を略語で入れた。筆の3種類とは、付立筆の大・中と、骨描き用の細筆を指す。
 主な作例の色の作り方と、描法の基本は冒頭にまとめて記述した。
 墨や顔彩の濃淡が、すぐれた運筆と相まって美妙な味わいを醸す花々だ。

●目次 
用具の準備/主な作例の色の作り方/描法の基本 ◆作例 白梅・紅梅、片栗、万作、蕗の薹、春蘭、藪椿、仏の座、碇草、匂菫、ヒマラヤ雪の下、薺、桜草、桜(染井吉野)、三葉通草、二人静、敦盛草、紫木蓮、八重桜、菜の花、山桜、葱坊主、諸葛菜、海棠、貝母、都忘れ、薊、烏野豌豆、八重山吹、春の野芥子、マーガレット

●おおつき・こうせき。
1975年水墨画紅石会創設、主宰。毎年、大阪高島屋・阪急・三越などで個展。NHKテレビ「おしゃれ工房」で指導。朝日カルチャーセンター東京・大阪・芦屋各講師。俳人協会会員。
この商品を友達に教える
この商品を買った人はこんな商品も買っています


twitter follow me