美術技法書・趣味・教養の分野で実績と信頼のある本づくりをしております。
カートの中身を見る
マイページ
・登録情報の変更
・購入履歴の参照

書籍情報

岡野栄子のおいしいキルト

岡野栄子のおいしいキルト、岡野 栄子
著者 岡野 栄子
販売価格 1,500円(税込1,620円)
購入数

商品説明


■サブタイトル/自分らしいキルトを作りたい方へ
■体裁/A4変・71頁  ■ISBN/978-4-8170-8095-0

朝食のテーブルを彩る洋ナシやジャムと、クロワッサン。ハンバーガーやイチゴのケーキも、食欲をそそる。夕餉の食卓にはキンキの煮付けや、鉢にもられた野菜などの煮物。これらはすべて体験や、出会いの中から発想され、生まれでた小さなキルト。
 着なくなった衣類がこんなに沢山。捨てるのはもったいない。そうだ、キルトを創ろう。オレンジ色のブラウスと赤い「靴の袋」からオレンジをイメージし、早速それをテーマにしてエッセイを書いた。400字のエッセイが真ん中にドーンと配置された、赤やオレンジ色が鮮やかなキルト。作品制作の様子が連続写真で展開される。
 奇人変人の本、お絵かき、水泳、ボサノバ音楽、手紙、料理、映画鑑賞、お酒…はすべてキルト創りのヒント。
 「もし、あなたが布集めだけに関心をもってキルトを創ったとしたら、とても上手なキルトが出来るでしょう。でも、そんな上手なだけのキルトからは、あなたの笑い声や喜び、怒りや悲しみといったあなたの人生は感じられません。誰が創っても同じというキルトではつまらない」。
 暮らしや生活感がみなぎり、既成概念にとらわれない、型破りの創作手法がかいま見られる。

●主な目次 
おいしいキルトご飯を召し上がれ エッセイ5編とキルト/オレンジ・ドキュメント/暮らし研究家魚柄仁之助さんに聞く/おいしいキルトはどうやって思いついた?/岡野栄子のおいしいキルト・レストラン

●おかの・えいこ 
キルト工房「バスケット」主宰。日本橋高島屋、パリなどでキルト個展。同高島屋での「人気作家の6人展」、朝日新聞社の「日本のキルト20人展」などに出品。NHK「おしゃれ工房」出演。第9回ハンズ大賞審査委員特別賞「浅井慎平賞」。1946年生まれ。

☆日本図書館協会選定図書

読者の声


●キルターで自分らしく、そしてアートに達しているのは岡野さんと日頃から思っていた私は、この本を見て、思っていた通りと迷わず本を買うことはあまり ありませんが、これは本当に迷わず買いました。楽しそうだったからです。元気がないときに元気にしてくれそうだったから・・・。元気になりそうな本をこれからもお願いします。(東京都・61歳女性)

この商品を友達に教える

twitter follow me