美術技法書・趣味・教養の分野で実績と信頼のある本づくりをしております。
カートの中身を見る
マイページ
・登録情報の変更
・購入履歴の参照

書籍情報

絵が描ける人生を楽しむ方法

絵が描ける人生を楽しむ方法、寺田 みのる
著者 寺田 みのる
販売価格 2,000円(税込2,200円)
購入数

商品説明


■サブタイトル/50代からの水彩スケッチ
■体裁/B5変・127頁  ■ISBN/978-4-8170-3330-7

絵は誰でも描ける。絵を描けば心のバランスを保つなどの役割を司る右脳の活性化ができ、手を動かして、ボケの防止になる。スケッチに出歩けば足が鍛えられる。絵ごころは旅心につながる。少しできるようになれば、テーマを決める。水彩教室やスケッチツアーに行くのもいい。そうすれば仲間ができる。人生の友に出会うこともあるだろう。作品がたまる。描いた絵は額に入れて家でも飾る。仲間たちと一緒に展覧会もできる。
 軽やかで風が通り抜ける。線が爽やかに生きているスケッチ。道具、描き方、有効なポイントについてもそれぞれ詳しく述べている。スケッチを楽しむ中高年14人の仲間の絵や、始めた動機、どう描いているかの実例も多く掲げた。
 人生80年代、たっぷり時間はある。物事は、楽しくなければ長続きしない。絵を描くことは、面白く、楽しい。第2の人生をいきいきと積極的に過ごすための、いいきっかけになる本。

●主な目次 
誰でも絵は描ける/さあ、描いてみよう 1スケッチの準備 2テーマを決めて描いてみよう 3水彩スケッチに挑戦/もう一歩ステップアップのために 1うまい、ヘタは関係ない 2人を描こう 3作品づくりのコツ/水彩スケッチを楽しむ仲間たち/旅で描く、仲間と楽しむ 1旅に出て描く楽しみ 2スケッチで広がる人の輪 3人生一回、「絵ごころ」があなたを変える

●てらだ・みのる(本名實)。
2001年3月より毎日新聞大阪版夕刊に「あなたと歩きたい」を週一回連載中、130回を突破。個展30数回。産経国際書道展特選。46年大津市生まれ。地元滋賀の自然保護、環境改善運動にも関わる。三洋電機本社家電部門の営業・企画部長を勤めた。

☆日本図書館協会選定図書
この商品を友達に教える
この商品を買った人はこんな商品も買っています


twitter follow me