美術技法書・趣味・教養の分野で実績と信頼のある本づくりをしております。
カートの中身を見る
マイページ
・登録情報の変更
・購入履歴の参照

書籍情報

大きな紙にかく絵手紙

大きな紙にかく絵手紙、浅田美知子
著者 浅田美知子
販売価格 2,200円(税込2,420円)
購入数

商品説明


■サブタイトル/線で楽しむ
■体裁/B5変・95頁  
■ISBN/978-4-8170-2136-6

「自分のその時の思いを画文で表現し発信するものが絵手紙」。
絵手紙はハガキにかくもの、という枠組みにとらわれず、時には心の赴くままに大きな紙にかいてみることで表現の幅が拡がります。
本書ではバラ、果物、樹木などをモチーフにした半紙や巻紙などの作例を、
実際の描法プロセスも交えて多数紹介しました。

●目次
絵手紙について思うこと(心を見つめる/成熟と迷い)
なぜ大きな紙なのか
私のお気に入りの紙、墨
基本線の向こうに自分表現がある
バラ園へスケッチに行く(バラをかく・紫陽花をかく・果物をかく)
私の目指しているもの(絵手紙文人画、23年の精進、表具師の大島富士夫さんの言葉)
草の花、樹の花(大きな紙にバラをかく)
ライフワークは、花と木と仏さま
樹木(總持寺の松をかいてみる)
仏さま
印の基礎知識 など   

●あさだ・みちこ
1994 年から絵手紙を始める。 日本絵手紙協会育成講師講座講師、 日本絵手紙協会公認講師、 絵手紙いずみの会元会員。 絵手紙塾阿の会主宰。 陽の会主宰。朝日カルチャースクール他絵手紙講師。
(書籍) 『絵手紙・詩手紙 風のように花のように』『絵手紙の年賀状 09-13』『感じる!絵手紙勉強法』 (すべて日貿出版社、共著)
この商品を友達に教える

twitter follow me