美術技法書・趣味・教養の分野で実績と信頼のある本づくりをしております。
メールマガジン登録
カートの中身を見る
マイページ
・登録情報の変更
・購入履歴の参照
書籍情報

寺社の装飾彫刻ガイド 百龍めぐり 関東編

寺社の装飾彫刻ガイド 百龍めぐり 関東編、若林 純
著者 若林 純
販売価格 1,800円(税込1,944円)
購入数

商品説明


■体裁/A5・147頁 ■ISBN/978‐4‐8170‐5099-1

龍に出会って最高の開運御利益パワーを授かろう!!
江戸の匠たちが超絶技巧で彫り上げた絶品の龍たちを求めて、1都6県100寺社の厳選された作品を紹介する待望の龍彫刻拝観案内。
日光東照宮の装飾彫刻に始まり、江戸期を中心に寺社建造物の代表的装飾テーマとして数多くの見事な龍が匠たちによって彫刻されてきた。龍神は水を司ることから火災除けや雨乞いの水神として、また漁村では豊漁祈願の海神として庶民に広く信仰され、近年はパワースポットの主役として龍の大ブームを巻き起こして脚光を浴びています。
本書は全国の寺社彫刻を撮影する第一人者が、御朱印の授与があり、傑作が拝観できる関東地方の100寺社の龍を厳選して紹介。写真と寺社の由緒、龍作品解説と共に各寺社の情報、アクセス、周辺地図、龍や彫刻に関してのミニ知識、コラムなども掲載したハンディーなガイドブックです。

●わかばやし・じゅん
1957年、東京生まれ。寺社彫刻写真家、寺社彫刻研究者。日本大学芸術学部写真学科卒業。日本写真家協会会員。国内外の自然、建築、風土、歴史、人物などを撮影。平成18年頃より江戸期の超絶技巧による寺社装飾彫刻に魅了され、以来10年間で全国の1300寺社を取材撮影する。著書に『謎の探検家・菅野力夫』(青弓社)、『歓喜院聖天堂 彫刻と彩色の美』(平凡社)、『寺社の装飾彫刻シリーズ』全7冊(日貿出版社)などがある。
この商品を友達に教える