美術技法書・趣味・教養の分野で実績と信頼のある本づくりをしております。
メールマガジン登録
カートの中身を見る
マイページ
・登録情報の変更
・購入履歴の参照
書籍情報

楽しい植物画12ヶ月 【新装版】

楽しい植物画12ヶ月 【新装版】、高橋京子
著者 高橋京子
販売価格 2,200円(税込2,376円)
購入数

商品説明


■サブタイトル/ボタニカルアートレッスン/透明水彩で描く
■体裁/B5変・111頁  ■ISBN/978-4-8170-2074-1

※本書は、2005年に刊行された同名書籍のカバーデザインを変更し、再刊行したものです。内容に変更はありません。

植物画を描き始めた初級の方から少し描けるようになってきた中級の方に向けて、植物画を描く上での工夫やコツを紹介した本です。どこから描き始めたらいいのか悩んでしまう方。それなりにデッサンや彩色が出来るのに、何か物足りないと思っている方。描いてみたけれど何だか実物と違っている、でもどこがおかしいのか分からないという方。本書では、そんな人のために、より正確に美しく描くためのコツを分かりやすく解説しました。画材や制作の手順についても紹介をしていますので、植物画を描くのが初めてという方にもお役立ていただけます。

●主な内容 
はじめに

ようこそ、植物画の世界へ

第1章:はじめての方へ
私の使っている画材
彩色について
チューリップを描いてみましょう

第2章:季節の花を描きましょう
1月:スイセン
2月:ツバキ
3月:サクラ
4月:アヤメ
5月:バラ
6月:ユリ
7月:アジサイ

コラム:ツユクサの秘密

8月:ヒマワリ
9月:アサガオ
10月:コスモス

コラム:コスモスの美術館

11月:ワレモコウとタムラソウ
12月:シクラメン

参考:失敗しやすいポイントあれこれ
二通りの方向から描いてしまった例
部分的に向きが違ってしまった例
花のしくみを理解せずに描き始めてしまった例
中心軸がずれてしまった例
花びらの大きさがアンバランスになった例

あとがき


●たかはし・みやこ
昭和25年、名古屋生まれ。金城学院大学社会学科に学ぶと共に、東京デザイナー学院名古屋校を卒業。その後、染色・彫金・水墨画・植物画を学ぶ。昭和63年、渡辺一夫先生に師事し、植物画を本格的に学ぶ。平成10年、第9回国際ボタニカルアート展(アメリカ・ピッツバーグのカーネギーメロン大学内ハント財団主催)に出品。平成12年3月、伊豆高原に「高橋京子花の絵美術館」を開設。創作活動とともに、名古屋・伊豆などで植物画教室の講師を務める。
この商品を友達に教える