美術技法書・趣味・教養の分野で実績と信頼のある本づくりをしております。
メールマガジン登録
カートの中身を見る
マイページ
・登録情報の変更
・購入履歴の参照
書籍情報

おつかれさま

おつかれさま、牧宥惠
著者 牧宥惠
販売価格 2,000円(税込2,160円)
購入数

商品説明


■サブタイトル/心のほぐし絵―つれづれ筆三昧
■体裁/B5変・95頁 ■ISBN/978-4-8170-2066-6

◆日貿出版社創立50周年記念出版

やさしいタッチでユーモラスに描かれた観音さまやお地蔵さまが、仏教のこころをシンプルなメッセージで伝える作風にはファン多数。本書は浅草寺が刊行する小冊子での8年間の連載の中から、選りすぐりの作品40点を季節毎にまとめた作品集です。


●まき・ゆうけい
1950年(昭和25年)、富山県生まれ。日本大学芸術学部を経て美学校細密画工房で学ぶ。図鑑や絵本の細密画を描いていたが、伝統美術と現代美術への疑問点を追求すべく、1975年(昭和50年)よりインド遊学。この放浪の旅で仏教の細密仏画を強く意識するようになり、帰国後、終生の師となる仏教学者と出会って真言宗智山派総本山智積院にて出家・得度し、修行に専念する。和歌山根来寺内に画房「西遊舎」を構え、伝統仏画と三昧画の制作にあたり現在に至る。両界曼荼羅はじめ多くの作品は全国の寺院などに蔵されている。
真言宗智山派教化センター写仏専門委員、智山専修学院写仏講師、智山特派布教師。東京カルチャーセンター「心のほぐし絵・写仏」講師。和歌山放送DJ、新聞・雑誌への原稿執筆など多彩な活動を行って、「自ら考え、行動する」ためのニュー・ブッディズムを発信している。
著書に、『楽に楽に』『そばにいるよ』『三十日秘仏』『画僧牧宥惠のなぞって写す仏画入門』「心のおくすりカレンダー」などがある。
この商品を友達に教える